株式会社ラベルバンク

国内向けサービス

システム導入事例

規格書の管理・作成を効率化するシステムに、ラベルバンクの食品表示データエンジンが導入されています。

Hyper規格書@Web:ヤマトシステム開発様

ヤマトシステム開発様の食品製造業向け規格書管理サービス「Hyper規格書@Web」は、規格書の作成・管理を効率化し、業務プロセスの改善を支援しています。

こんなことが実現できます

  • 規格書を自動でフォーマット変換し、作業時間の短縮を実現
  • 規格書の関連情報を横断的にトレースすることで迅速な情報取得を実現
  • 商品・試作品情報を一元管理でき、商品開発スピードをアップ

「Hyper規格書@Web」×「食品表示データエンジン」

「Hyper規格書@Web」は、食品表示データエンジンと連携しています。食品表示データエンジン(Food labeling data engine)とは、ラベルバンクが構築している基準改正確認システム"Food labeling Regulation Omnirange Guide System"において中心的な役割を果たす、食品表示特化型のデータエンジンです。原材料等の用語から、規格基準や使用および表示基準など関連する各種の基準文書内からの検索をしやすくするために開発されました。

この食品表示データエンジンを「Hyper規格書@Web」に組み込むことにより、複雑な食品表示の注意点と根拠元の情報がすぐ手に入り、規格書業務がさらに効率的になります。「規格書を作成しながら表示の注意事項を確認する」といった業務プロセスの最適化を実現します。
原材料規格から製品規格、一括表示といった一連の業務プロセスに沿ったポイントで表示チェックを行うことができ、全体的な品質保証につながります。

正しい食品表示は、適切な規格書管理から

正しい食品表示をつくるためには、規格書管理が適切に行われていることが重要だと考えています。原材料の情報も時間とともに変わることが多く、その変更内容によっては表示自体を変更しなければならないためです。
食品表示の規則は専門知識が必要であり、その根拠となる文書も様々なところにあるため、確認作業がとても大変です。使用された原材料で表示基準が変わるなど、最終的な食品表示だけからは見えない部分での判断があるため、やはり定期的に原材料規格書と照らし合わせながら食品表示を管理していくことが望まれます。

そして、商品点数や原材料点数が多ければ多いほど、規格書の管理作業が膨大になります。多くの食品表示ミスは、この「規格書の管理ミス」に起因すると実感しています。それと同時に、「一部の専門知識を持つ人にしか食品表示をチェックできない」ことも、多くの原因だと実感しています。

そのような状況を解決するために、食品表示データエンジンは属人的なチェックではなく『誰にでもできる』ことを目指し開発されています。同様に、規格書管理も誰にでもできるものがベストだと考えています。

適切な食品表示確認体制により得られるメリットは、ミスの低減だけではありません。
消費者や流通からの『この素材の原産地は?』『この商品のアレルギーは?』といった質問に即対応できる体制は、信頼性を向上させます。商品種類も流通形態も販売方法も大きく増えた今、信頼性向上は商品販売拡大の機会といえます。
正しい食品表示をつくるためには、誰でも管理、確認できる体制を目指すことが大切だと考えております。

Hyper規格書@Webの詳細はこちら

PAGE TOP