supported by

Horizon Scanningとは?

Horizon Scanningは、各国の法改正や基準改正などのトレンド情報の観測を定期的に行うシステムです。お客様の製品やブランドに影響を及ぼしうる法改正や基準改正情報の他、注目の話題、政府機関の通知や専門家の意見、製品リコール及び違反通知などの情報を毎日観測し、リアルタイムに提供します。
Decernisは、500万種類ある多言語の専門用語を適切に管理し、専門家による編集チームで毎日の更新結果についてレビューをすることで、お客様が速やかに各国の課題を認識できるようにします。調査結果には政府機関サイトなど情報源へのリンクが設定されているため、社内での共有がしやすくなります。また調査対象をカスタマイズし、ニュースレターとして配信する機能もあるため、対象国での関心の高い分野の最新情報を常に捕捉できます。
Horizon Scanningでの課題の早期発見により、迅速な意思決定をサポートいたします。

Horizon Scanningの主な機能

FEATURES

トピック別の最新情報管理
最新情報は専門チームにより
適切に確認されるため、
食品分類やテーマごとに
毎日追加更新されます。

新制度・基準改正情報の検索
各国の政府機関等から発表される
制度改正情報のほか、新制度の
検討情報や専門家の意見などの
通知を検索できます。

食品分類・テーマ別の
リコール情報
物質名など各国の専門用語を
適切に辞書化しているため、
横断的なリコール情報調査と
絞り込み検索ができます。

Analytics

分析

プロファイルとして関心のある食品分類、テーマ(リコール等)を選択することで、毎日更新されるニュースを絞りこんだ状態で表示させることができます。また物質名(添加物名等)やテーマ名(遺伝子組換え等)の用語別に絞り込むことができますが、このときの用語は各国の専門用語を適切に辞書化されたものですので、横断的に各国の情報を調査することができます。さらに特定の関心分野についてアラートメールの送信設定(毎週、毎日、毎時間)が可能です。

Issue Management

課題管理

メンバー間で課題情報(Issue)を共有するための、お客様専用のプラットフォーム機能です。軽減すべきリスクや、注目すべき物質、テーマなどを登録し、メンバーに知らせることができます。設定された各「Issue」には、部門(RA、R&D等)や地域(EU、Asia等)、行動基準(Watch、Action等)を割り当てることができます。発見すべき課題と対処方針、ニュース発見後の情報共有により、膨大なニュース情報の分析を効率的に運用することをサポートします。

システム開発のこだわり

PRODUCT DEVELOPMENT

  • 専門チームが大量の情報の中から新たな問題を特定し、データベースと関連付けします。
  • 複雑で変化の激しい法改正や基準改正情報と、現在のトレンドをチェックします。
  • 各国の課題を早期に発見できるよう、情報が毎日更新されます。

お問い合わせはこちら

Horizon Scanningとの関連サービス

Relational Service

Market Entry Report

マーケットエントリーレポート

各国の最新情報を効率的に調査する際、対象国の基準の体系をある程度把握しておくことで、関連情報の課題を発見しやすくなります。Market Entry Reportは、まずはその国のルール(関連法、規格基準、義務表示、強調表示、輸入規制等)について知っておきたい場合に便利なレポートです。またレポートは毎年更新され、メールで送信されます。対象国は42ヶ国(地域)です。各国への輸出時のまとめとしてご利用ください。

※レポートは英語ですが、日本語をご希望の場合は弊社で概要を翻訳させていただきます。

お問い合わせはこちら

DecernisについてDECERNIS

ワシントンD.C.に本部を置き、グローバル事業および子会社組織を持つDecernisは、食品、飲料、消費者および産業製品などのグローバル製品における安全なコンプライアンスをサポートするための調査および情報システムを提供しています。また、世界中に何千人ものユーザーを持ち、212ヶ国以上を対象とした調査プログラムを管理しています。Decernisの顧客は政府機関や、原材料メーカー、製造業者、加工業者、研究所、法律事務所などを含みます。

ラベルバンクは、Decernisのマーケティングパートナーです。
gComplyのデータベース情報のメンテナンス(最新情報への更新、原文と翻訳文の整合性チェックなど)をしております。